【バナジウム@情報館】 -天然水の効果・効能-

バナジウムについて

■バナジウムとは

バナジウムが今非常に注目されています。やはり皆さんが連想するのは、水なのではないでしょうか? 特に今話題となっているのが、富士山系の水です。一体何が違うのかともうしますと、ほかの地域に比べ高濃度なのだそうです 。

つまり富士山の水にはより多くのバナジウムを含まれているということになります。 しかしながら、その他にも沢山の名水があるのにも科かわずに、どうして富士山周辺の水にバナジウムが多量になのかと疑問に 思っている方もいるのではないでしょうか。

何故このように多く含まれているかというと、玄武岩に含まれたバナジウムが地下水に溶け出していることが理由となっている ようです。

しっかりとした断定とはいいきれませんが、そのように考えられています。 また玄武岩は地表に噴出したマグマが瞬間的に固まって出来る岩石とされており、豊富にその成分を含んでいるということはわ かっているのです。

まだまだ富士山には魅力というものが隠されています。それは7層の玄武岩層(バサルト層)からなっている富士山ではあります が、驚くべきメカニズムが隠されているのです。

なんとその富士山に降り注いだ雪や雨水が1mの玄武岩層を推定1年もかけて浸透するというのです。 これが富士山の水は素晴らしいといわれる所以なのではないでしょうか。年月にしてなんと数百(一説には1000年ともいわれて いるようです)をかけ、玄武岩層のバナジウムをゆっくりと溶かしこむのだそうです。

だからこそ、バナジウムという成分が、地底深く伏流水となっていくので他では考えられないほど含有量が豊富となっているわ けです。 現在では多くのバナジウム水が発売され、人気になっています。

[PR]総合保険代理店への転職の方法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【バナジウム@情報館】 -天然水の効果・効能- All Rights Reserved.